女性にも薄毛に悩まされる方が多く、原因は男性よりも複雑なケース

髪の薄毛や脱毛症は、男性女性問わず悩まされる方の多い症状です。

 

男性の脱毛症は一般的に男性ホルモンが原因で起こる男性型脱毛症が多いといわれています。
男性型脱毛症はAGAと略してよばれることもあり、皮膚科や美容外科、毛髪専門クリニックなどで治療が行われています。

 

医療機関で治療が行われるまでは、男性の薄毛は主に頭皮に育毛剤や養毛剤を塗布し、ブラシなどを用いてマッサージを行い血流を促すなどのアプローチが一般的でした。
近年医療機関で薄毛の治療ができるようになってからは、効果的に育毛を促進ができるとして、多くの方の薄毛が改善しています。

 

男性型脱毛症の特徴としては、生え際や後頭部が薄くなることが挙げられます。まだ若くても後頭部や生え際が薄くなってきたら、それは男性型脱毛症かもしれませんので、皮膚科などの医療機関を受診し、AGAと診断された場合は早期治療をすることで健康な髪の毛が再び生えてくる可能性が高いと考えられています。

 

女性にも薄毛に悩まされる方が多く、原因は男性よりも複雑なケースがあります。

 

女性は出産後に薄毛に悩まされるケースが多くあり、これはホルモンの急激な変動によるものと言われています。
妊娠中は女性ホルモンの働きが活発になりますが、出産を終えると急激に女性ホルモンが減少し、そのことが急激に脱毛を引き起こす原因になっていると考えられています。

 

産後の女性の薄毛は一過性である場合が多いため、しばらくすると薄毛が解消される場合も多いとされていますが、一部では薄毛が解消しない場合も多く、ストレスなどが関係していることも考えられます。

 

女性は男性と異なり頭皮が乾燥しやすいため、頭皮ケアにはうるおい重視のタイプが推奨されています。又、女性でもまれに男性型脱毛症になるケースがあり、これは男性ホルモンの数値が高くなったときに見られる症状と言われています。女性の薄毛はホルモンバランスを整えることで改善させることができるケースが多いため、ホルモンバランスを調整する薬が処方されることもあります。