薄毛を改善するためのシャンプーの方法

髪の毛の洗い方に気を付けるだけで、薄毛の解消を行いやすいです。

 

 

まず、シャンプーを行う前には軽くブラッシングしておきましょう。ブラッシングしておくと、髪についた細かなほこりや汚れを取りやすくなってきます。長い髪の毛の人だと、ゴミが髪についているだけで絡まりやすくなりシャンプー中に髪を引っ張ってしまうリスクがあります。髪の毛を無理に引っ張ってしまうことで、抜けやすくなるためできるだけゴミを取り除いていた方が良いのです。今までは特に何もしてこなかった方は、ブラッシングを習慣にしてみてください。

 

 

ブラッシングを行った後には、シャンプーしていくことになりますが、シャンプーを使用する前にはお湯で頭皮を軽く洗っておきましょう。特に脂性の方は、事前にお湯で頭皮を洗っておくことで脂分を取り除きやすくなります。ある程度の脂分を取り除くことができれば、2度洗いする必要がありません。2度洗いすれば、頭皮の脂分を過剰に取り除くことになってしまい頭皮の乾燥を呼び込むことになります。

 

 

それを防げる点で、とても大きな効果を感じることができます。お湯で洗うとき、熱めのお湯を使ってしまいがちですが、熱すぎてしまうと頭皮に負担をかけることになりよくありません。適度な温度のぬるま湯を使ってケアしてみましょう。実際にシャンプーするときには、爪を立てることなく頭皮をマッサージすることがとても重要です。爪を立てれば、頭皮の毛穴の中に詰まった汚れも取り除きやすくなると考えがちですが、爪でがりがりと頭皮を引っ掻くことにより細かな傷が起こりやすくなってしまうのです。

 

 

傷がつけば、そこから細菌が侵入し炎症を引き起こすことになります。頭皮の炎症は薄毛を発生させる原因になるため、シャンプーの仕方には気を付けないといけません。爪を立てることなく軽い力でマッサージを行いましょう。シャンプーを行った後にはリンスをつけていきますが、使用するときに毛先にのみ使うことで毛穴に成分が侵入することもなくなります。毛穴をふさがないことを意識するだけでも、毛の状態が違ってくるでしょう。